ランニングシューズのお手入れ|走りながら運命の相手と出会える!ランニング・ランニング婚活のポータルサイト「ランニング婚活(ラン婚)」

HOME ランニングアイテム集 シューズ ランニングシューズのお手入れ

シューズ ランニングシューズのお手入れ

ランニングシューズは走った場所、天候などによってソールや外側が次第に汚れてしまうもの。またランニングによる大量の汗が足に伝わって靴に入り込んだり、足そのものもかなりの発汗で大変湿気の高い状態になってしまったり不快な状況になることもあります。
元々ランニングシューズは靴内の湿気を出来るだけ抑えられるよう、通気性を考慮した素材で作られてはいるものの、繰り返し使用するうち、完全に乾燥しきれないまま使い続けることになります。その環境が続いてしまうと、放っておけばニオイの原因、更にはカビが生えてしまうトラブルの原因にもなってしまうのです。
ランニングシューズは消耗品ですので必ずある時期が来たら買い替えをしなくてはならないものです。しかし数ある商品の中からせっかく探し出したピッタリフィットした一足を長く楽しむためにも、毎日簡単に出来るお手入れやチェックから心がけたいものです。
スポーツの後は必ずスポーツウェアを洗濯するように、ランニングシューズもお手入れが必要だと考えて下さい。

毎日お手入れを!

特に汚れがひどくない場合、あまり汗をかかない季節などは毎日の簡単なお手入れで十分です。

  • 専用のブラシ、又は歯ブラシ等で汚れた部分を払います。
  • 少しシューレースを緩め風通しの良い場所で陰干しにします。
  • インソールが分離できるタイプのシューズは取り外し乾燥させましょう。

時々水洗いを!

夏場や梅雨時期、また普段よりも大量に汗をかいたときは、日々のお手入れプラス、時々水洗いで清潔に保つ必要があります。多少面倒ではありますが、洗濯することでシューズを長持ちさせ、再び気持ちよく履くことが出来るので是非試してみてください。

  • 予め大きな汚れはブラシなどで払い、アウトソールに挟まった小石なども取り除きます。
  • シューレースは全部外します。
  • インソールが分離するタイプは外しておきましょう。
  • 洗剤が残らないようによくすすぎ、風通しの良い場所で陰干ししましょう。

お手入れ時の注意点

  • 予めお手入れに指定があるもの、素材に関しては必ず確認しておきましょう。
  • 毎日簡単なお手入れは必要ですが、水洗いし過ぎはかえって靴に良くありません。
  • インソールは特別な材質、接着剤を使用しているため基本的に水洗いは避けましょう。
  • どうしてもインソールを洗う場合は、軽く水洗い、直射日光を避け陰干しにしましょう。
  • ソール部分は熱に弱いので、乾燥機やドライヤーでの乾燥は避けましょう。

ランニングシューズの保管方法

湿気の多い季節は特に、除湿剤を入れるのがお勧め。ランニング後、すぐに下駄箱にしまうのは湿気を逃がせなくなるので良くありません。
ランニングシューズで一番気になる湿気対策という点でも、やはり2、3足を使い回すことをお勧めします。ランニングシューズを長持ちさせるだけでなく、しっかり風通しし乾燥したシューズは清潔に保てるのでトラブルにもなりにくいものです。

その他:シューズの履き方・脱ぎ方

ランニングシューズを長持ちさせる為には、日々のお手入れが必要不可欠なのですが、
普段、シューズを履いたり脱いだりする時の行為も注意点があります。特にかかとのズレは走っている時のバランスの崩れにもなり良くありません。日々の手入れを意識するのと同様、履き方、脱ぎ方なども同時に意識して下さい。

  • ランニングシューズを履く時は椅子などに腰掛け、安定した状態でかかとをキチンとセットし、紐を締めましょう。
  • シューズを脱ぐ時も椅子などに腰掛け必ず紐を緩めます。それから安定した状態で両手を使ってかかとから取り外すようにしましょう。
  • 手を使わず足だけで履いたり脱いだりするのはシューズの型崩れや傷みの大きな原因なので厳禁です。

その他:日頃のお手入れと同時に意識したいこと

  • 上記のような日頃のお手入れ、正しい脱着方法でも避けられないアウトソールの減り。
    アウトソールの減りは靴そのものの劣化のサインで、日頃のシューズのお手入れ時にでも必ずチェックして欲しい項目です。
    まずはシューズをひっくり返してアウトソールの状態を目でチェックしてみてください。
    もしすり減ってきている部分があれば、その部分をシューグーという靴修理剤である程度補修も可能です。すり減った部分に塗り込み、補ってくれる役割があります。ホームセンターやシューズショップで購入可能です。
  • 一見問題なく見えるシューズでも時々お手入れついでにでも是非確認していただきたいのがミッドソールの状態。ランニングシューズのミッドソールと呼ばれる部分はシューズのクッション機能を担っており、ランナーの足を守る大切な部分なのです。ランニングによる衝撃を吸収し続けるうち、どうしても劣化は避けられないのですが、ミッドソール自体ある程度回復力を持っていますので、一度履いたら2日程度あけることで良い状態を保つことが出来ます。
現在募集中の
ランニングパーティー
スケジュールはこちら
Pマーク
ページトップ