季節・シーン別の着こなし|走りながら運命の相手と出会える!ランニング・ランニング婚活のポータルサイト「ランニング婚活(ラン婚)」

HOME ランニングアイテム集 ランニングウェア 季節・シーン別の着こなし

ランニングウェア 季節・シーン別の着こなし

普段オシャレをするように、運動する時もカッコよく、オシャレに決めたいものです。
ユニフォームやスポーツウェアに魅力を感じ、そのスポーツを始められる方だって多いはず。
ランニング用品もあらゆるスポーツブランドから、大変機能的でデザインに優れたアイテムが続々と発売されています。
特に最近は美容や健康、ダイエットの意識が高まり、それらを目的とした若い女性ランナーも増え、ランニングウェアはますます充実しています。
実際、身に付けるウェアや小物、着こなし一つで走るモチベーションは全然違ってきます。ランニングは楽しみながら長く継続出来なければ意味がありません。時々ファッションスタイルに変化をつけながら走ることはランニングのモチベーションコントロールに繋がりますので是非こだわりたいポイントです。
しかしランニングはあくまでも体を動かしたり、汗をかいたりすることが目的。季節や走る時間帯などによって工夫をしなければ、せっかくのお気に入りもかえって不快になってしまいかねません。季節やシーンの特徴をしっかりチェックして、快適なランニングをお楽しみください。

ランニング時の基本の着こなし

当然ですが走ると汗が出ます。ランニングで一番ポイントになるのがこの汗対策です。
汗は体温調整の機能をしています。
運動により上昇した体温を汗の蒸発によって体温を下げる役割をしているのです。ですから夏場などの暑い季節には発汗の妨げにならないような素材、そして何より熱が体にこもらないようにすることが大切です。逆に冬場のランニングでは体温上昇による発汗作用と同時に外気の冷たさが加わり必要以上に体が冷えてしまいます。ですから吸汗性と保温性の機能を考えた着こなしが必要なのです。
このようにランニングは各シーンで着こなしを変えながら上手に行いたいものですが、ある程度基本ウェアが揃っていれば、後は脱ぎ着で調整できるようにするのもポイントです。
基本スタイルをご紹介します。

インナー

吸汗性・速乾性・通気性機能の高い素材の専用ウェアもしくはTシャツ。
ポリエステル素材で特に汗をかく場所にはメッシュ素材など工夫されたものがベスト。
綿素材は吸汗性といった点では優れているのですが、速乾性が低い為、吸った汗がいつまでも残って体にまとわりつき大変不快になります。更に濡れた素材に風があたると冷たくなり、体を冷やしてしまう原因になるのでなるべく避けましょう。
また走行中きつく感じるサイズのものは良くありません。ゆったりとした動きやすいサイズのものを着用しましょう。

アウター

防寒・防風・保温・透湿機能の高いもので、軽くて動きやすいものを選びましょう。
暑く感じたら脱いで腰に巻いて走ることも出来ます。

パンツ

ランニングウェア同様、吸汗性・速乾性・通気性機能に優れた素材のパンツがお勧め。
ショートタイプからロングタイプまでありますが、お勧めはハーフタイプ。
必要に応じてパンツの下からランニングタイツを履くことで調整出来ます。

ランニングタイツ

保温はもちろん、関節や筋肉部位のサポート、走行フォームの保持、血液循環を目的としたアイテム。特にタイツによる各部位のサポート機能は注目すべき点で、テーピングの代用とも言えます。また筋肉の収縮は心臓と同様血液を循環させる役割があるのですが、運動によりその機能が落ちて来た足の筋肉を、ランニングタイツの加圧機能でサポートすることが出来、血液循環を助けます。血液循環は即ち心拍に大きく関わりますので、走りそのものに影響してくることなのです。

季節・各シーンの特徴と着こなし

【春】

春のポイントは体温調節と花粉症対策。
寒さも和らぎ太陽の日差しも心地よく、ランニングに適した季節ではありますが、まだまだ気温が安定しにくく、風が強い日が多いので注意が必要です。
外に出てみた感覚よりも、実際走行中の体感気温が全然違うと感じることがよくあるので、ウェンドブレーカーなど、一枚羽織れるようにしましょう。
花粉症の方は症状の重さによってそれぞれの工夫が必要になるのですが、お勧めはスポーツマスク。通常のマスクですと息苦しかったり、マスクの中に汗がたまったりととても不快になりますので、専用のマスクがお勧めです。

【夏】

夏はなんと言っても汗対策と日差し対策がポイント。
ランナーにとって一年で一番過酷な季節です。
とにかく吸汗・速乾・通気性の高い素材、そして丈の短めなデザインのインナーがお勧めです。丈が長いとそれだけ風通りも悪く熱を逃がしにくくなるからです。
また、夏の紫外線を意識して長袖を着用するランナーも見かけますが、その場合は熱がこもらないような通気性に特化したものをチョイスしましょう。熱中症対策で帽子は必須アイテム。ツバの部分以外はメッシュなどの蒸れないものがお勧めです。後頭部にひさしのついたタイプは後ろの首元を日差しから保護してくれます。
汗をたくさん吸ってくれるタオルも忘れずに。

【秋】

秋はランニングベストシーズン。
基本的なウェアーアイテムを揃えておけば大丈夫です。少し寒い日であれば薄手のウィンドブレーカーやグローブ、ネックウォーマーなどをプラスしてみましょう。

【冬】

冬は汗と寒さ対策がポイント。
ついつい寒くて綿素材などを取り入れたくなる季節ですが、前述の通り、綿素材は吸汗性には優れるもの速乾性はとても低い素材ですので、ランニングでかいた汗により体を冷やしてしまいます。必ず基本の、吸汗・速乾・通気性の高い素材の長袖ものを選びましょう。
アウターは熱を逃がさず汗を上手にコントロールしてくれるアウターがお勧め。首元は体温調整に重要な部分ですので必ずハイネックのものを選びましょう。体温低下を防ぐためにもニット帽も必要です。蒸れずにあったかいランニング専用のニット帽もあります。

【雨天】

撥水加工のされたランニングウェアなら雨天時も走行可能です。
ただし、梅雨時期のように高温多湿で日差しが加わる場合などは熱中症の危険があるので注意が必要です。更に冷え対策も忘れずに。

【夜間】

ナイトランのポイントは安全。
暗闇での事故を防ぐためにも必ず再帰反射機能を持ったウェアを身に付けましょう。

現在募集中の
ランニングパーティー
スケジュールはこちら
Pマーク
ページトップ