ランニングの効果|走りながら運命の相手と出会える!ランニング・ランニング婚活のポータルサイト「ランニング婚活(ラン婚)」

HOME ランニングパーティ・ランニングにお役立ち ランニングの効果

ランニング・ジョギングの基礎知識 ランニングの効果

ランニングとはランニングの効果というと、まず頭に思い浮かぶのがダイエットではないでしょうか。ランニングを継続的に行うことで脂肪燃焼だけでなく、そのほかにもさまざまな効果が期待出来ます。ここでは、ランニングによってどんな効果があるのか、そしてどうすればより効果が上がるのかを中心に詳しくご紹介していきます。

 

 

ランニングの効果

ランニングの効果として挙げられるのは、運動不足解消、脂肪燃焼、筋力アップ、持久力アップ、冷え症の改善、新陳代謝アップ、美肌効果、ストレス解消、血圧の降圧などではないでしょうか。

その中でも、ダイエットを目的とした脂肪燃焼効果に期待を寄せる人も多いはずです。ランニングは簡単にできる有酸素運動で、筋力トレーニングと比較しても脂肪を燃焼させる割合が高いことでも知られています。運動を一切せずに摂取カロリーを抑えるだけでも体重を減らすことができますが、そのようなダイエットでは脂肪だけでなく大切な筋肉までも減ってしまうので、あまりおすすめ出来ません。ランニングによって筋肉に適度な刺激を与えることで、脂肪がエネルギーとして使われるため、効果的なダイエットが期待出来ます。

ランニングの有酸素運動によって心拍数があがり、血液の循環が良くなります。そのため、女性の悩みに多い冷え症や肩こりなどの血行不順からくる不調の改善にも役立つとも言われています。また、血行が良くなることで美肌効果にも一役買ってくれるのです。

また、ランニングには脳を活性化させる効果もあるので、気分転換やストレス解消にも作用し「うつ」の症状を緩和させる働きもあると考えられています。

ランニングの効果を上げる食事法

ランニングの効果を上げる食事法

より効果的なランニングをするためには、食事に気を配ることも必要になってきます。特に、ランニングの直前に食事を摂ると消化が悪いだけでなく、腹痛をもよおしたり気分が悪くなったりすることもあるので、走る2時間半〜3時間前には食事を済ませておくのが良いでしょう。

一見、逆効果に思われるかもしれませんが、ランニングの際に積極的に摂取したほうが良いものの一つに糖分が挙げられます。糖質不足によるスタミナ切れを避けるためにも、適度に糖質を摂取して持久力を保つのが効果的です。マラソンコースにバナナが用意されているのも、そのためなのです。バナナは食べるとすぐに体内で糖に変わり吸収されるので、マラソンのように長距離を走る際の糖分補給には最適です。バナナ以外の食品で糖分を摂る時には余分なカロリーの摂取は避けたいので、ダイエット目的の場合には注意が必要です。

ランニングをするとたくさんの汗をかきます。汗と一緒に身体の中の鉄分が放出されるために、貧血を起こして気分が悪くなってしまう人もいます。ランニングを継続して行う場合には、日ごろから鉄分の多く含まれる乳製品や大豆製品、レバーやほうれん草などを食べることを心がけましょう。

また、ランニングに限らず運動をする際には、筋肉の源になるたんぱく質をきちんと摂取する必要があります。肉や魚の中でもカロリーの低いものを選び、また大豆製品などで補うのも良いでしょう。

早朝ランニングの効果

同じランニングでも、走る時間によって効果に違いがあるといわれています。特に、朝のランニングは他の時間帯と比較しても脂肪の燃焼効果が高いと言われています。カロリーの消費量にはさほど変わりはありませんが、早朝の時間帯ではインスリンの濃度が低いために、体内の脂肪をエネルギーをとして使いやすいからです。また、朝走ることで体温が上昇し代謝もアップします。そして、代謝の良い状態がその後も続くため、日中の何気ない動きでも脂肪を燃焼するようになるのです。

それ以外にも、朝のランニングには脳を活性化させスッキリさせる働きがあります。朝ランニングによってモチベーションが上がり、その後の集中力がアップして仕事の効率も高まるでしょう。ただし、朝のランニングを始める前には十分なウォームアップが必要だということをお忘れなく。

夜間ランニングの効果

夜は、朝と比較して体温が高いため身体を動かしやすい状態で、長い時間ランニングを楽しむことが出来ます。朝のランニングよりも夜間ランニングは、精神的なリフレッシュ効果が高く一日のストレス解消にもつながるでしょう。翌朝の目覚めがスッキリします。

現在募集中の
ランニングパーティー
スケジュールはこちら
Pマーク
ページトップ