レース後の回復食|走りながら運命の相手と出会える!ランニング・ランニング婚活のポータルサイト「ランニング婚活(ラン婚)」

HOME ランニングパーティ・ランニングにお役立ち 豆知識 for Runners レース後の回復食

豆知識 for Runners レース後の回復食

レース後の回復食 日々のランニングの成果を発揮するためのレース。
レースに出る前は、「少しでも良い成績を残したい」「完走したい」と、日々のランニングの成果を充分に発揮するために食生活に気を付ける方が多いものです。
しかし、レースが終わった後の食事については、意識してない方も多いもの。レース前の食事は、納得出来るレースを行なうためにはとても必要なものですが、レース後の食事も、次の日からの体調に関わるとても大切なものなのです。
今回はレ−ス後の食事についてご案内致します。

最低2週間は・・・

普段のランニングとは違い、レース後は、筋肉だけでなく、内臓も疲れてしまっています。免疫力が低下していますので、風邪などの体調不良を引き起こしやすくなります。
レース後2週間は、いつも以上にバランスの良い食事や規則正しい生活を心がけ、体調管理をしっかりとしましょう。飲み会や、食べ放題などは、少なくともレース後2週間は控えるようにして下さい。

レース後に気を付けるべき食事ポイント

レース直後は水分補給

レース直後は水分補給レース終了後は水分補給がとても大切です。その時に、普通の水よりも、スポーツドリンクなどの糖分入ったものをおすすめします。さらに、100%オレンジジュースなどの、クエン酸やビタミンCが豊富なものは、よりおすすめです。
しかしレース後は、胃が水しか受け付けない事もありますので、自分の身体と相談しながら、最低限水分だけはとるようにしましょう。

糖分補給

糖分補給レース後は、なるべくすぐに糖質を補給するべきだと言われています。甘いものは「疲労回復」に効果的だと言うことは聞いたことがありませんか?実は、運動直後に糖質を摂ると、筋肉のエネルギーになる筋グリコーゲンを早く回復させることが出来ます。

クエン酸補給

クエン酸補給クエン酸は、100%オレンジジュースなどに含まれています。クエン酸を補給すると、筋グリコーゲンの回復が補助され、より早く身体が回復します。また、脂肪の少ないたんぱく質を摂ると、ダメージを受けた筋肉の回復に役立ちます。

身体に優しい食事

レース後、食欲がわいてきたら、なるべく消化に良い食べ物を食べることがポイントです。
揚げ物や濃い味付けの物は、内臓に負担が大きいので避けて下さい。ごはんやうどんなどのたんぱく質を中心に、肉や魚、卵、野菜、豆類など、バランスよく栄養を摂取しましょう。料理は、蒸し料理や煮込み料理が消化しやすくなります。
また、良く噛んで食べることも大切です。レース後は、身体の外も中も休ませましょう。

食欲が出ない事も

レース後すぐに、食事が食べられる人は滅多にいません。ほとんどの方が、疲労感を感じ、食欲が一切わきません。運動後直後に食欲がわかないのは、疲労感だけが原因ではありません。人の消化器は、リラックスしている状態の時は活発に動きます。レース後は興奮状態になり食欲がわかないのです。
ゴールしてから1時間すると空腹を感じる方、4時間経たないと空腹を感じない方、体調は人それぞれです。そんな方でも、エネルギーバーなどの食べ物なら、30分くらいで食べられるようになりますので、食べられそうな時に、エネルギーバーやフルーツ、おにぎり、豚汁、うどんなど、少しでも食べておきましょう。どうしても食欲がわかない場合は、ブドウ糖だけでも口に含みましょう。

現在募集中の
ランニングパーティー
スケジュールはこちら
Pマーク
ページトップ