朝ラン|走りながら運命の相手と出会える!ランニング・ランニング婚活のポータルサイト「ランニング婚活(ラン婚)」

HOME ランニングパーティ・ランニングにお役立ち 豆知識 for Runners 朝ラン

豆知識 for Runners 朝ラン

朝ランについて今、早朝ランニングを楽しむ人たちが増えています。実は、早朝ランはダイエットにも効果的。いつもより早起きして車や人通りの少ない道を思う存分、爽快に走り抜けてみませんか?ランの後は頭もしっかりと冴えて、より活動的な1日をおくれるようになります。

ダイエットにもなる早朝ラン

早朝ランはダイエットに悩んでいる方にもおすすめです。

脂肪を燃焼しやすい早朝ラン

脂肪を燃焼しやすい早朝ラン運動により体内に蓄積された糖エネルギーが消費されます。そして、糖エネルギーがなくなると人体は脂肪をエネルギーに変換するようになります。糖エネルギーがなくなるまでは走り始めて約20〜30分かかりますが、朝は体内に蓄積された糖の量が減っていますので実際はそれほど時間がかかりません。その結果、すぐに効率よく脂肪が燃やされるようになります。

代謝率が高まる早朝ラン

代謝率が高まる早朝ラン1日の中で最も体温が低い時間帯が朝です。早朝ランを行うと体温が上がり、代謝率が上がります。その結果、朝だけではなく日中の代謝も良くなって階段の上り下りなど、少し身体を動かしただけでも高い脂肪燃焼の効果が得られます。

早朝ランのメリット

朝走ることには、いくつものメリットがあります。

素晴らしい空気と景色の中で気持ち良く走れる

素晴らしい空気と景色の中で気持ち良く走れる「朝の空気は本当に気持ちが良い」早起きして外出すると誰もがそう感じるのではないでしょうか。また深夜から早朝にかけてはあまり車も人も見られないため、空気中の排気ガスは少なく、チリやゴミやホコリなどが舞うこともありません。その結果、澄んだきれいな空気を胸いっぱい吸いこみながら走れます。特に雨上がり後の朝は雨粒で大気が洗われて一層気持ちの良い空気を味わえるはずです。鮮やかな景色の中、清々しい気持ちでランニングを楽しめます。

体内時計をきちんとリセットできる

体内時計をきちんとリセットできる早朝に走ると体内時計がリセットされます。「体内時計」とは日中は身体が自然に活動状態に、夜は休息状態になる仕組みのこと。1日を周期として身体はまるで時計のようにリズムを刻んでいるのです。朝の日光を浴びると、この体内時計がリセットされその針が新たに進み始め身体が活動モードへと切り替わります。その後14〜16時間ほど経過すると今度は休息モードになり、自然に眠くなってくるのです。この体内時計が乱れると夜なかなか眠れなかったり、何度も目が覚めてしまったり、朝早すぎる時間に目覚めてしまったりと睡眠・覚醒のリズムが乱れます。体内時計の乱れが続くと身体に悪影響を与え、生活習慣病などに繋がります。早朝のランニングは健康作りのもとなのです。

幸せ成分のセロトニンが分泌される

早朝ランはセロトニンの分泌を高めます。この物質は脳内伝達物質と呼ばれ、自律神経を正常に導く役割があります。これが不足すると疲れやすくなったり、集中力がなくなったり、イライラと怒りっぽくなってしまいます。また、偏頭痛や緊張、ストレス、うつ病、パニック障害、依存症などを導く危険もあります。セロトニンは規則正しい生活や適度な運動と食事、太陽の光を浴びることで増やすことが出来ますので、まさに早朝ランはセロトニンの増加におすすめの方法です。

仕事を効率化できる

朝に身体を動かすと脳が活性化します。運動後のスッキリとした心理状態と活性化した脳を使って取り組む仕事では集中力が増し、作業を効率的に進められます。また、朝の運動には仕事へのモチベーションを上げる働きもあり、いつもよりアイディアも浮かびやすくなるでしょう。
その効果をより高めるため、一定以上の上級ランナーの方は時速9km以上で走ってみて下さい。それが脳の前頭葉中の前頭前野を活性化させてくれます。前頭前野はおでこの裏側にあって思考や意思決定、行動の抑制や情動の制御、集中力やコミュニケーション能力を高めてくれるなど、様々な大切な働きをしています。

早朝ランを快適に行うための注意点

早朝ランをする際に注意して欲しい点をまとめました。普段から気を付けたい基本的なことばかりですが、これらを守って快適なランニングを楽しみましょう!

朝食はしっかり取りましょう

朝食はしっかり取りましょう特にダイエットを目標としているランナーの中には朝食を摂らずに走り始める方がいますが、それはとても危険です。だからと言って、ランニング直前に朝食をしっかり摂りすぎると走り続けるのが辛くなってしまいます。
ランの前には味噌汁やスポーツゼリー、バナナなど、軽めの朝食を食べるようにしましょう。それではお腹が空き過ぎて苦しいと言う場合は夕食の量をもう少し増やすか、就寝の2時間ほど前に少量の軽食を食べるなど工夫してみて下さい。その際も注意したいのは食べ過ぎです。過食は内臓に負担をかけ寝付きを悪くし、翌朝の起き辛さを招きます。
また、ランニング中は水分の補給がとても大切。「のどが渇いたな」と感じる前に必ず飲み物を摂るようにして下さい。

準備運動を念入りに行いましょう

朝は身体が完全に覚醒していません。また寝起きは身体が硬い状態にあるため、そんな身体で運動をしては膝や脚など身体の各部に過度の負担をかけてしまいます。これを防ぐために柔軟・ストレッチなどのウォーミグアップを入念に行って下さい。

運動し過ぎに注意しましょう

早朝からあまり張り切り過ぎると疲れてしまいます。仕事中に眠くなってしまっては元も子もありません。ランニングは10分から20分程度で終わらせるようにしましょう。

現在募集中の
ランニングパーティー
スケジュールはこちら
Pマーク
ページトップ