トレラン|走りながら運命の相手と出会える!ランニング・ランニング婚活のポータルサイト「ランニング婚活(ラン婚)」

HOME ランニングパーティ・ランニングにお役立ち 豆知識 for Runners トレラン

豆知識 for Runners トレラン

トレランとは「トレラン」とは、「トレイルランニング」の略になります。

登山道や林道など、舗装されていない自然に出来た道や、踏み固めて作られた道を走ることがトレイルランニングです。

起伏が激しい道を走れば、それだけ普段使わない筋肉が刺激され、より強靭な肉体を作ることが出来ます。

トレランのメリット

自然を楽しむ

自然を楽しむトレランは、普段の道ではなく、自然の中をランニングします。そのため、心地よい空気を胸いっぱいに吸い込んだり、素晴らしい景観を楽しみながら走ることが出来ます。

走り終える頃には、心も身体もリフレッシュ。中には厳しいコースもありますが、そんな難しいコースを走り終えると達成感が自信に繋がり、精神的に強くなります。普通のランニングに飽きてきた方にもトレランはおすすめです。

全身の筋肉を使って

全身の筋肉を使ってトレランは、色々な路面があります。路面の状況により、ランニングで鍛えられる筋肉が事なります。普通のランニングではあまり使わないような筋肉を集中的に鍛えることが出来ますので大変効率的なトレーニングです。

トレランにより、体力や走力が今まで以上に鍛え上げられ、記録向上に繋がります。コースによって、鍛えられる筋肉が違いますので、様々なコースに挑戦してみて下さい。

体調不良の際の移動が大変

通常のランニングなら、身体に異変を感じれば、バスやタクシーを使って簡単に自宅に帰れますし、病院に行くのも難しくありません。

しかし、トレランではそうはいきません。山の中の舗装されていない狭い道などに救急車は上がって来られませんので、途中で待機します。そして、そこから救急隊の方が来てくれるまで待ちますが、そこから降りるのが大変です。

トレランでは通常のランニング以上に、体調管理が大切になりますし、ケガをしないように注意する必要があります。無理は禁物です。

トレランを快適に行なうための注意点

こまめな休憩

こまめな休憩トレランは疲れた身体で無理をするとケガにつながってしまいます。無理せずこまめに休憩をとりましょう。

また、体調に異変を感じたらすぐに引き上げましょう。山道は戻るのも大変ですので、なるべく早目に見極め帰り支度をしましょう。

水分補給はしっかりと

水分補給はしっかりと山などの自然の中を走るトレラン。当然、コンビニエンスストアや自動販売機などは見かけません。水分補給をしっかりと行い、脱水症状にならないように気を付けて下さい。

また、途中で空腹に襲われ動けなくなってしまうと大変ですので、非常食は必須。

人気のない道は・・・

人がいない道ほど邪魔がなくて走りやすい。そう思っている方もいるかもしれませんが、人のいない道は避けるようにして下さい。もしもケガなどをして動けなくなった時、他の登山者に気付いてもらうことで、大事にならずにすむこともあります。また、人のいない道は、クマなどに襲われる可能性も高いので危険です。

トレラン初心者のコースの選び方

トレラン初心者のコースの選び方トレラン初心者は、見知らぬ山に入るのは勇気が必要になります。誰かと一緒なら心強いのですが、一人で走るのなら不安になることでしょう。

そこで提案です。トレランのコースを決める際に、一度歩いて下見をしてみましょう。自宅から気軽に通える、なるべく自宅に近いコースがおすすめです。トレランと言うと、全コース塗装されていない自然道でないようなイメージを持たれる方もいらっしゃいますが、舗装路を走って未舗装の道に入るようなコースで問題ありません。1〜2時間程度で戻って来られるコースが理想的。

下見をしてみて走れそうだと思ったら、そこをホームコースにしてまずはそのコースに慣れましょう。ホームコースでトレランを行うことで、トレランに対する苦手意識もなくなります。

トレランの準備

トレランの持ち物

トレランでは、専用の小型のリュックサックを背負って走ることが一般的です。リュックサックの中には、下記に上げるようなものを入れて走ります。

  • グローブ(岩場などを掴むために必要)
  • ハイドレーションシステム(山道でボトルを手に持って走るのは危険なため、手を使わずに給水出来ることが重要)
  • 行動食(エナジージェルなどの携帯食)
  • ヘッドライト(短時間でも、山に入る際は必ず持参。万一の故障のために、小型のものを2つ持参する方もいます)
  • 携帯電話(緊急連絡用に。電源を切るか機内モードにしておけば、いざという時に充電切れの心配がありません)
  • 地図(専用機器や携帯電話での地図は、充電切れや故障する可能性も考え、紙の地図も準備)
  • コンパス(遭難した際に必要)
  • ホイッスル(救助を呼ぶのに使用)
  • サバイバルシート(表面が保湿用、裏面が熱中症対策用)
  • 熊鈴(熊に会いそうな道を走る時は、特に持参)
  • 健康保険証
  • ファーストエイドキット(バンドエイドや、テーピング用のテープ、ポイズンリムーバー、ティッシュ)
    ※テーピングは骨折や捻挫した時に大活躍します。ポイズンリムーバーは、毒蛇や蜂など、毒をもった生き物に噛まれた時に、毒を吸い出すために必要です。使い方は事前に読んでおいて下さい。

トレランの服装

  • トレイルランニング用シューズ
  • ランニングウェア
  • 行動食(エナジージェルなどの携帯食)
  • ウィンドブレーカー(山の天気は変わりやすいため、突然の雨に備えます。降水確率が0%でも持参しましょう)
  • ランニング用タイツ(膝などのサポートにおすすめ。虫や木の枝から足を守ってくれます)
  • ランニング用ソックス(まめが出来にくいソックスなどがおすすめ。ソックスによっては、水の中に入っても大丈夫なものもあります)
  • キャップ(雨が降ってきた時に、頭を保護してくれるので、ないよりも楽に動けます)
  • サングラス(日差しや木の枝から、目を保護します)
現在募集中の
ランニングパーティー
スケジュールはこちら
Pマーク
ページトップ